ニャンコ爆弾

 米軍がサイバー昆虫を開発中とか何とかいうBBCの記事のページに、戦争に利用された動物たちというコラムがあって、その中に…

 WWII: Attach a bomb to a cat and drop it from a dive-bomber on to Nazi ships. The cat, hating water, will “wrangle” itself on to enemy ship’s deck. In tests cats became unconscious in mid-air

ニャンコに爆弾をくくりつけて、急降下爆撃機から、ドイツ軍艦船に向けて落とす。ニャンコは水をいやがって、敵船のデッキへ向かうことをねらった。しかしテストでは落下中に気絶してしまった。 
 なんてことしやがる! どこの国だ、アメ公か?露助か?まさか、エゲレスか?

{ 2 comments to read ... please submit one more! }

  1. 第一、ぬこが必死こいた所で
    どうにかなる問題なのかと言うのが気になりますです。

  2. Slipperman

    うん、まったくですよね。そもそも、ニャンコにくくりつけられる爆弾って、そんなん大きいのは無理でしょうし。
    そう考えると、これってエゲレスの発案なのかなあ、とも思いますね。

{ 0 Pingbacks/Trackbacks }

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。