Archive for the ‘ドイツ空軍’ Category

砲兵の仕事 番外編 (名前の無い航空戦 2 )

  悪天候を積極的に利用して敵飛行場を急襲、地上部隊の上空直衛と近接航空支援で砲兵火力を補強する意図をもって準備されたドイツ空軍部隊の総数は2000機弱ではないかと思います。内訳は単座戦闘機が殆どとはいえ第二次世界大戦末 […]

1月 16, 2011 · BUN · 10 Comments
Posted in: ドイツ空軍, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 番外編 (名前の無い航空戦 1 )

 アルデンヌの戦いで、ドイツ軍は冬季の悪天候を利用して連合軍の航空攻撃を避け、かつての「電撃戦」を再現しようと試みたように考えられやすいのですが、実際には1940年に実施されたアルデンヌ突破作戦とは大きく異なり、1900 […]

1月 15, 2011 · BUN · 4 Comments
Posted in: ドイツ空軍, 砲兵の仕事, 陸戦

アルメデレール以前 番外編3 (ブリストルの従姉妹)

 番外編第三回はドイツ編です。ドイツ編だからといって当たり前にフォッカーやアルバトロスの話をしても面白くないので、あまり紹介されることのない複座機を採り上げます。続けて読んで戴いている方はお察しの通り、第一次世界大戦の軍 […]

3月 24, 2010 · BUN · 2 Comments
Posted in: ドイツ空軍, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦

アルメデレール以前 18 (勝者、定まらず)

 西部戦線で3月21日から開始された大攻勢でドイツ軍が実施した近接航空支援はそれまでにない徹底的なものでした。27個の攻撃飛行隊が攻勢正面の前線後方15kmまでの区域に張り付きで支援を行い、その活動を35個の戦闘飛行隊が […]

2月 25, 2010 · BUN · 2 Comments
Posted in: イギリス空軍, ドイツ空軍, ドクトリン, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦

アルメデレール以前 17 (大航空戦の始まり)

 さていよいよ第一次世界大戦最大の航空戦が繰り広げられた1918年までやってきました。ドイツ空軍シリーズでも紹介しましたが、連合軍もドイツ軍も世界大戦最後の一年間の航空戦で最も大きな成果を上げていると同時に最も大きな損害 […]

2月 15, 2010 · BUN · 3 Comments
Posted in: ドイツ空軍, フランス空軍, 第一次世界大戦, 陸戦

アルメデレール以前 16 (歯切れの悪いドクトリン)

 1918年に入るとフランス陸軍は新しい航空戦ドクトリンを打ち立てます。1917年の改革のお蔭で航空機生産体制の改善と新機種への更新が進んだことでフランス陸軍は今までに無い攻撃的航空戦を戦う基盤を手にしましたが、ドクトリ […]

2月 9, 2010 · BUN · 3 Comments
Posted in: ドイツ空軍, ドクトリン, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦, 航空機生産

アルメデレール以前 11 (1916年航空戦のまとめ)

 どうもフランス陸軍航空隊の物語はカタルシスに欠けるようで、自分で書き綴っていながら何だかとりとめのないクドい話を続けているような気がします。いろいろと恵まれた条件の下で活動しながらいま一つパッとしない空軍の成長物語は確 […]

1月 14, 2010 · BUN · 2 Comments
Posted in: ドイツ空軍, ドクトリン, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦

アルメデレール以前 10 (「戦闘機隊」の誕生)

 前回はフランス軍の何が変わったか、を紹介しましたが、今回はフランス軍の変貌に対応してドイツ軍もその航空戦ドクトリンを大きく転換したというお話です。 戦争は相手のあることですから、フランスの空軍物語の中とはいえ、ドイツ軍 […]

1月 12, 2010 · BUN · 5 Comments
Posted in: ドイツ空軍, ドクトリン, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦

アルメデレール以前 9 (ベルダン上空の完全制空権)

 プロペラ同調機関銃を装備した画期的戦闘機であったはずのフォッカーE型機が実は数も少なければ肝心の同調装置も不具合多発で他の機種のように複数の製造会社でライセンス生産されることもなく、最大でも40機程度しか可動していなか […]

1月 4, 2010 · BUN · No Comments
Posted in: ドイツ空軍, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦

アルメデレール以前 8 (「フォッカー伝説」の実態は?)

 のんびりしたファルマンやヴォワザンがどんなに重要な任務を担っていたかという話は確かに理屈ではわかっても、何だか腑に落ちない感じがします。牧歌的なプッシャー機は何だか空の戦いには不似合いな気がしますし、第一次世界大戦の航 […]

12月 31, 2009 · BUN · No Comments
Posted in: ドイツ空軍, フランス空軍, フランス空軍前史, 第一次世界大戦, 航空機生産