Archive for the ‘ソ連空軍復活の背景’ Category

パウル・カレルはそう言うけれど・・。

 攻撃隊が独軍の優れた野戦レーダーシステムによって探知され、ソ連空軍は緒戦で壊滅したという「印象」がいまだに根強いクルスクでの航空戦です。「あとは戦車対戦車の戦いだったのだ」とした方がその戦記を読んでいる人間の殆どを占め […]

3月 7, 2008 · BUN · One Comment
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

クルスク

 スターリングラード戦で輸送妨害に失敗して大いに反省したソ連空軍は、1943年前半の戦いで対地攻撃にその反省を生かし、地上との連携をかなり充実させます。友軍が突破に成功した場合、行動半径の小さいソ連軍機はその前進に取り残 […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

輸送機撃滅は失敗

 戦闘機、爆撃機、高射砲、レーダー、野砲による飛行場攻撃まで含んだ組織的な輸送機邀撃網が作り上げられたにもかかわらず、ドイツの輸送機はデミヤンスクと同じように、悪天候をついて、あるいは超低空での侵入を試みながら輸送を継続 […]

3月 7, 2008 · BUN · 2 Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

空中補給作戦

 1942年4月にノビコフを空軍総司令官に昇進させたデミヤンスク包囲陣への空中補給妨害作戦はその後のソ連空軍の装備や戦術に大きな影響を与えます。デミヤンスクのような包囲が実現することは陸戦理論からは好ましいことですが、こ […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

空軍の「進化」

たしかに戦略爆撃は空軍の理想でしたが結局、机上の空論のまま何処の空軍も開戦劈頭の台爆撃を実施できなかった第二次世界大戦で、とにかく実行可能でまじめに取り組むべきは航空撃滅戦だった訳ですが、この航空撃滅戦に関して言えば、確 […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

無視できなかったアイデア

 イリューシンIl-2といえば、ソ連空軍の代表的な地上攻撃機で「世界の名機」のひとつです。ソ連空軍機でそんなタイトルを与えられる機体はこれだけかもしれません。  このIl-2のバリエーションに「戦闘機型」があることはあま […]

3月 7, 2008 · BUN · One Comment
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

戦略爆撃部隊はどうなっていたか

 開戦時のソ連空軍には戦略爆撃を任務とする長距離爆撃機部隊があります。  戦略目標に対する長距離爆撃を任務とする長距離爆撃集団(DBA)として野戦軍の指揮を受ける立場にあった一般の航空部隊とは異なりスタフカ直轄の航空兵力 […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

防弾装備は役に立ったか?

 軍事マニアと戦闘機の話をすると決まって話題に上がるのが防弾装備です。防弾装備が無いことが致命的な罪であるかの如く扱われるのが常ですが、そんな事を言い出したら天下の名機スピットファイアの主タンクなど殆ど終戦まで無防弾であ […]

3月 7, 2008 · BUN · 2 Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

突発的ではないエアコブラの好評

 ソ連にレンドリースで供給された米軍戦闘機の中でP-39が非常に好評だったことはよく知られていますが、この「好評」は「使ってみたら意外に良かった」「欧州や太平洋では不評だったがロシア戦線の戦闘と自然環境には適していた」と […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景

「イタリア抜き」でも負け

 東部戦線の航空戦は地上攻撃が非常に重視され、地上部隊の支援が出撃の大半を占めて、戦略爆撃はおろか航空撃滅戦ですら下火です。これは東部戦線の航空戦そのものが低調だったからではなく、独ソ両軍とも航空支援を必須とする機動突破 […]

3月 7, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: ソ連空軍, ソ連空軍復活の背景, ドイツ空軍