Archive for the ‘イギリス空軍’ Category

融合するハリケーンとスピットファイア計画

 前回、前々回とスピットファイアとハリケーンの開発過程について紹介してきましたが、ただでさえ複雑なイギリス空軍の試作計画がたび重なる計画変更によってさらに難解になっています。今回はそのまとめとして時系列を追って行きますの […]

6月 12, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: イギリス空軍

スピットファイアに行き着くまで

 1930年代前半のイギリス空軍戦闘機開発は従来の戦闘機コンセプトからその重点を最大速度と火力に絞り込む過程にあります。そしてこの数年間は第一次世界大戦以来の複葉戦闘機から単葉の高速戦闘機への転換という航空技術上の躍進と […]

6月 11, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: イギリス空軍

スピットファイアの源流

 バトルオブブリテンを戦ったスピットファイアとハリケーンの物語はあまりにも有名です。第二次世界大戦の戦闘機ファンであれば実機を飛ばして撮影された映画「空軍大戦略」を必ず観ていることでしょう。けれども、不思議なことがありま […]

6月 10, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: イギリス空軍

奇策が育てた爆撃機計画

 既存の飛行場が狭いためにそこから発進する爆撃機の燃料、爆弾の搭載量が限られてしまい、しかも敵戦闘機との交戦も考えるとできるだけ高速の機体にしなければならないのでドイツ本土への長距離爆撃を前提とした場合、最悪、爆弾搭載量 […]

6月 2, 2008 · BUN · 2 Comments
Posted in: イギリス空軍

変わらない爆撃思想

 1940年代に多数の四発重爆を揃えて戦略爆撃を実施していたのはアメリカとイギリスの二国だけです。アメリカの場合はまた後で触れるとしても、イギリス空軍はなぜ四発重爆を大量に配備しようと考えたのでしょう。一般的にはイギリス […]

6月 1, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: イギリス空軍

物事には必ずウラがある

 世の中、何につけてもまことしやかに伝わる話とその裏にある本当の事情とはかなりのズレがあるものです。昔の軍用機についてもそれはまったく同様です。世に広く知られる話の出所がほかでもない当事者であり、直接の関係者が「そう言っ […]

5月 21, 2008 · BUN · 2 Comments
Posted in: イギリス空軍

デファイアントの言い分を聞く夜

 単発複座というだけで何か触れてはならないハンディキャップを背負った存在のように思える上に、さらにまた7.7mm四連装球形動力銃座を装備し、前方固定機銃を持たないという常人には理解しがたい設計であるためにボルトンポール  […]

5月 16, 2008 · BUN · 8 Comments
Posted in: イギリス空軍

敵はフランス

 イギリスの軍用機体系は1920年代にほぼ完成していたという話を紹介しましたが、軍備体系があれば同時にその国の国防方針があります。イギリス空軍はどんな敵とどんな戦争を戦うために軍用機体系を作り上げていたのでしょう。  1 […]

4月 25, 2008 · BUN · No Comments
Posted in: イギリス空軍

イギリス戦闘機の機種分類

 1930年代半ばのイギリス空軍がハリケーンとスピットファイアという同一発動機を採用したほぼ同等の武装を持つ単座戦闘機を持つことになった背景には航空軍備拡張計画の達成期限と製造会社の生産能力という問題があったという話を前 […]

4月 22, 2008 · BUN · 6 Comments
Posted in: イギリス空軍