Supper’s Ready U hungly?

2010/07/03

オトメディウスX発表

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 12:11:24

ヒャッホオオオオオ!

でも、あれ?あれ?

姐さん!エモン・5くんがいませんよ!

        エモン・5くんはね・・・転校しちゃったの
____________  ____________
                   V
                       ___/⌒ヽ_____
                      / ̄|{  ̄`Y’⌒’Y´ ̄  ̄}| ̄ ̄|
                       |  ,≫ -┴―┴―- 、[「   |
                       | /,. ´ ̄ ̄ ̄`: 、 :\.  |
                      》/,>’‘ ̄ ̄ ̄`’<,\ : :V l
                         ///: : : : : : : : : : : : : :\/⌒V
                   /: :》’ : : : :l : : : : : : : :l : : : : V^) ハ
                      / : : l{ : : : : 人 : : : : : : 人: : : : jし’ .}:|
                  / : : .八: : : :,(⌒\: : : 7⌒’弋_jしノ: !
                   / : : /.:川\ ノy行 \/ テ行ミy 厂: : :l
        .          _/: : : :’ / 从: :ヽ{! トl}     ‘ トJ} 》/.: : : :,’
                x’⌒´: : : :’: :’ / ‘八: :从.U     Uノ从( : : :/
           / : n、: :_:_:_: : ‘: /: : :X人”   ‘_,    “厶イ : /
           / : : ,ハ Y'[_[_rY^〉:彡 ′\> .、__ .. イ^)x;/
        ,.‘: : :/ : :/┴’⌒´ /: : ノ,.―-こ__y‐┴―‐个x_
         / : : : : /: :{   _,x( //  ,ィ㌻ V^廴,ノV)《厂 ` 、
.       ,’ : : : : : : : r’⌒ ̄ ̄V/, /  ,《/   /  }   V),    .
       , : : : : : : : ハ     V/  /’′  ヽ/    V),   |
.      { : : : : : /: : :\      Vrv′          V),   |
       ); : : ,: :′//,∧  〈   》r《 ̄》r个个个r《 ̄》个》个个┐
        人 : : :/ ,: :/: :∧  \ j厂V⌒⌒冂⌒⌒V⌒V^廴ん_ノ
      `Yミ======彡イ  ‘. _八     |. |   /   ん’  ⌒ヽ,
        乂辷辷辷辷,ノ   ’,    》 rr========rr‐イ「       〉
       (: :(: : ‘⌒\⌒\   \彡仆 .[{        }]  |      /

ミミ:::;,!      u       `゙”~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk’! ’ l / ‘レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-“、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   ” ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | ‘– 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
‘”       _,,.. -─ゝ.、   ;, “ ;;   _,,…_ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'”i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\’ “‘ !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─–  エィ’ (. 7 /
      :    ’ ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-‘メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー’ イ
       \_    _,,……::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,… ‘  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡”   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー’ .i / /、._    `’y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ ”  ``- 、_J r’´  u 丿 .l,… `ー一”/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   ‘゙ ヽ/  ,. ‘”  \`ー— “,.::く、
       /;;;””  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::’  \ヾニ==='”/ `- 、   ゙ー┬ ‘´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,….    l   /     `ー┬一’      ヽ    :l  /  , ‘ `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,’    ’^i

2010/06/06

ワールドカップ観戦チャットのお知らせ

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 21:57:33

はい、98年大会より連綿と続くこの企画。もちろん今回もやりますよ。

で、今回ですがスカイプでやりたいと思いますので、参加者各位はヘッドセットとスカイプアカウントの準備をお願いします。

自分のアカウントは、r-oga1871なので、こちらあてまでコンタクトリスト追加のリクエストをお願いします。

日本戦の放送予定は以下。デンマーク戦はきついかなあ。

カメルーン戦 6/14(月) 22:30~

オランダ戦 6/19(土) 20:00~

デンマーク戦 6/24(木) 27:00(3:00)~

日本戦以外も人が集まればやりたいので、みなさんテレビ観戦するときはとりあえずスカイプにつなぎましょう。

2010/05/18

R.I.P.

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 20:10:35

ロニー・ジェイムズ・ディオが亡くなったそうです。

今週は喪に服しつつ、ディオのボーカルをヘヴィローテーションしようと思います。

今週末はカラオケ行ってスターゲイザー歌ってこよう。

2010/05/15

イノセンスみた

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 17:45:45

スカパでやっていたので。

押井映画を観る流儀に則って半分寝ながら見ました。

  • 要は未来のイブでおk?
  • アンドロイドの型式名ハダリーだもんなあ。
  • ちうか著者も主人公もフランス人なんだから発音はアダリーでいいじゃん。ハダリーって違和感ある。
  • そいや未来のイブでもアダリーにゴーストダビングしてましたっけ。
  • それにしても、人形の方がかわいそうとか。
  • いろいろ大丈夫かあの監督。
  • これはもうだめかもわからんね。
  • もう宮崎、押井に映画作らせるなよ…

2010/05/13

けいおん!!EDに出てくるハモンドオルガンの機種特定をしてみる

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 23:54:58

へろが毎週同じものを6、7回繰り返し見ては毎回同じところで笑い、大いに配偶者に気味悪がれているという、けいおん!!ですが、このEDでつむぎがハモンドオルガンを弾いています。

このハモンドの型について、old B3だnew B3だ、いや非実在ハモンドだと諸説入り乱れているので、一つ自分で調べてみることにしました。

まずハモンドオルガンについて、大雑把な説明。

1934年にローレンス・ハモンドさんが開発した安く買えるパイプオルガンの代用品で、60年代には主にギターに負けない、でかい音が出るという理由で、多くのロックキーボーダーに演奏されました。

どういう音の楽器かというと、ED曲のがそうなんだけど、いちおエマーソン師匠の演奏おいておきますね。

この曲はヴイーンという音以外はほぼ全部ハモンド。ちなみに使用機材はハモンドC3。ってかこの時代のヨーロッパのミュージシャンはほぼ全員C3。C3はキャビネット形状が異なるだけで中身はまったくB3と同じ機種です。

C3の向かいに配置されているのが廉価モデルであるところのL-100。エマーソン師匠に蹴飛ばされたり、馬乗されたり、回されたり、下敷きになったり、ナイフぶっさされたりするかわいそうな楽器なのでした。

ちと横道にそれたので本題に戻りましょう。

まず問題の画像はこれ。

まず、土台部分がオープンになっているということで、該当機種はB3に絞られます。他のハモンドはいずれもキャビネットの足の部分が隠れているものばかりですから。

じゃあ、OLDかNEWかってことになります。

OLDとNEWとはなんぞかというと、OLDは1955年から1974年までに生産されたオリジナルで、もはやビンテージとなったB3を鈴木楽器製作所がレプリカとして新規に生産したのがNEW B3。

http://www.suzuki-music.co.jp/search/N_001907.html

ありがたいことに取説PDFがダウンロードできるので見てみると、前面の図があるのですが、前方に二本ある支柱がEDにはないことに気づきました。

構造上、取り外しのきくようにも見えませんから、この時点でNEW B3はなしです。じゃあ、OLD B3はどうかというと、そもそもNEW B3はオリジナルを忠実に再現したレプリカであるからして、OLDにも同様の支柱は存在するわけです。自分が見た写真ではすべての機種に支柱はありました。ただ多くの数が生産された機種ですし、支柱のないタイプが存在するかもしれません。それを調べる術は、地道に当時のオルガニストの演奏写真を見るなり、ようつべでジャズオルガニストの演奏を再生するしかありませんね。

で、今回のけいおん!!EDのハモンドはB3によく似ているけど、B3とは別の架空のハモンドという結論に至りました。

ちなみに、鈴木楽器製作所のNEW B3ですが、本体のみで137万、レスリースピーカーと合わせると178万とか。これは左利きのベースが売れまくった事件に対する製作サイドの嫌がらせなんでありましょうか?

思うに第三期のEDは、メロトロンを弾けばいいと思います。それだったら調べなくていいし。

追伸

レプリカ生産品だからそれだけ高いのはわかるけど、じゃあ当時の値段でB3ってどれくらいしたのかというと、ディープパープルのジョン・ロードのインタビュー記事にこんなのがありました。

彼がまだ下積み時代の頃、フリーターをしながらアマチュアバンドをやっていたのですが、あるバンドの前座をやっていたとき、主役バンドのキーボーダーが使っていたハモンドのリバーブ音があまりに素晴らしいので、どこをどういじればそんないい音が出るのかと、キーボーダーに尋ねたのだそうです。彼の答えは「お前の使ってるL-100じゃ、この音出すのはムリ。C3じゃないとこの音は出ない」でした。ジョン・ロードはその時C3の値段を尋ねたのですが、それは彼の当時の月給の半年分だったそうです。これを現代の価格に換算すると、フリーターだったジョン・ロードの月給を10万程度と見るとして、その半年分で5、60万というところではないでしょうか?

追々伸

二本の支柱ですが、よく見たらありましたw

なのでやっぱり結論は、B3かもわからんねというところで、めんどくさいんで、もうこの記事おわり。

2010/05/06

さんざガイシュツな気もするけどあえて書く

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 12:47:22

虐殺に文法があるなら、萌えにも文法があってもいいじゃん!

ツンデレ器官とかねこみみ器官とか先輩のワキの下がたまらん器官とか、いろいろあるんだぜ、きっと。

ほんでアキバには、萌えの文法に基づいた暗喩があちらこちらに看板になって出てるんだ!

俺たちは、じょん☆ぽーるに踊らされてるんだよ!早く目を覚ませ!や、でもめんどくさいからいいや。

2010/05/02

虐殺器官読了

Filed under: インプレ — Ideyoshi @ 08:08:18

虐殺器官 (ハヤカワ文庫JA)

ウチら界隈のカリスマ読書家インドさんがおもしろいとゆっていたので買って読んでみました。

作者は故人。死に際に書いたという側面から語られることも多い作品のようですが、それよりもなによりも中学生の考えた漫画のプロットを原点としている内容が最強に高められてる様が素晴らしい。これは最大限に研磨された「ぼくのかんがえたさいきょうのとくしゅぶたい」であります。

ただ、それを卑下するでもなく誇りとしているところがいいです、すごくいい。ここまで高められた内容でありながら、ルーツとしての中学生の考えた漫画の部分は色濃く残っている。そしてそれを感じ取れる素養のある人こそがこの作品を楽しめるのではないかと。

この作者がこれを小説として発表した理由はただ一つ。絵に描けなかったから以外考えられません。絵を描けなかった人が小説で漫画を書いたものがラノベであると言う認識を自分は持っていますので。これもラノベでいいんじゃないでしょうか。

だからインドさんは、そろそろラノベ読んでもいいんじゃないかな。

以下だらだらと。

  • 「好きとか嫌いとか最初にいいだしたのは誰なんだろうか」というセリフをわざわざ拾う解説の大森望はいろいろダメですね。
  • ジョン・ポールがヨハネパウロだって、愛清ちゃんにいわれて初めて気づいた。
  • 途中まで読んで、これは主人公がウジウジ悩んで終わる話なのかと思っていたのですが、ちゃんと虐殺に理由がついていてしかもオチまでついていたのは好感触。そういや最近ちゃんとオチのつく物語読んでなかったよ。
  • いやあ個人的にはこの前読んだハイペリオンの没落の5000倍くらい面白かったなあ。
  • 帯で宮部みゆきが「私は三回生まれ変わってもこんなの書けない」とか書いてるんだけど、あんたは子どもが異世界を冒険して帰ってきたら両親が離婚しててとか、そういうの書けるからいいじゃない。多分に彼女自身の中学生の考えた漫画のプロットを評価する素養が、ジェラシーに駆り立てるんでしょうな。

あと、かたなしせんせーおすすめの「青空にとおく酒浸り」も読了。オレ、今度から読む本はインドさんとかたなしせんせーに決めてもらうよ。

2010/04/04

プロテスタンティズムの(以下略)読んだんだけどさ

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 21:16:05

あの本に書いてある、禁欲的プロテスタンティズムについて、強烈な既視感を感じていたんだけど、やっとわかった。

アレ、手塚御大の芸風そっくりなんだわ。

手塚御大ってのは、本人は傑出してエロイ人なのに、それをひたすら抑圧することで余計にエロただ漏れなのを描いてた人なわけですね。生身の女とセックスは良くない、でも幼女の人形に内臓詰まってたの相手ならいいよねとか鳥ならいいよねとか、歪みまくって余計エロくなる。以上は本田透の言ってたのそのまんまだけど。

こうした手塚御大の寸止め文化は日本漫画界に多大な影響を及ぼしていて、タッチの浅倉南が、あんなやらずボッタクリ女なのもこの寸止めの影響下にあるからと考えられるわけです。

そうかつまり日本のアニメ漫画の今日の隆盛は、ジャン・カルヴァンの影響なのですね。よく分かりました。

2010/03/12

最近の読書

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 22:22:45
  • マックス・ヴェーバーのプロテスタンティズムと以下ry読んだ。とっても面白かった。本の内容よりプロテスタントそのものが。
  • プロテスタント熱が高まったので、文庫クセジュの「プロテスタントの歴史」というのを読み始めたんだけど、ひどく読みにくい…ってか訳者、牧師かよ。宗教のプロじゃなくて翻訳のプロにやらせてくれ。
  • 消失見てきた記念で近所の図書館からハイペリオンを借りてくる。が、一緒に借りてきた「ロレンツォ・デ・メディチ暗殺」の方にかかっていたため、結局1章しか読めず返却。また明日借りてこよう。ちうか、長いねあれ。
  • ちょっと前に読んだ、ジャン・モリスのヘブンズ・コマンド上おもろかった。下も買わねば。
  • あと、今更申告します。テルマエ・ロマエめちゃくちゃ面白かったデス。
  • さあ、あさっては温泉行って、果汁入り牛の乳飲料をスッポンしてくるお。

2010/02/14

クイズゲームは人生のようなもの

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 06:37:28

前にQMADS買ったときにオマケでついてきた未使用のe-amusement cardが一枚あったので、昨日それでヨメのアカウント作ってQMA6をやっておりましたところこんな問題が。

線で結びなさい。

今日 明日 昨日

きょう あした きのう

小学生低学年国語の問題かw

やっぱりいいなあ、フェアリー組は癒されるなあ。

で、自分の方はどうかというとフェニックス組をキープするのが精一杯。今まで一度も決勝進出してない体たらくであります(´・ω・`)

DSオンライン対戦の方は、まだまだ下の方に本来ドラゴン行くべき実力の人が固まってる状態なので少し待とうかなと。

話変わりますが、去年のオスカー受賞作品にスラムドッグミリオネラというのがありました。

インド版クイズミリオネラに出場したムンバイのスラム出身の主人公が、難題を次々答えていきます。医者などの知識人も答えられなかったような問題をお前はなぜ答えられるインチキやっただろうと問われた主人公は、クイズの答えは今までの人生の体験の中で忘れられない記憶だったことを告白するというストーリー。

人生の経験があったからこそ答えられるクイズ。確かに自分も前作のQMADSで覚えがありますよ。

Q. タイピングクイズ ミスターイエットとという名で呼ばれた、ソ連の外相の名前は?

A. グロムイコ

よかった!ウォッカタイム読んでてよかった!

Q. タイピングクイズ 1990年セリーグ首位打者になった大洋の外人選手の名前は?

A. パチョレック

よかった!昔大洋ファンやっててよかった!

と言う具合でございます。誰でもこんな記憶あるよね。

やはりこの手のクイズゲームのいいところは、日頃死蔵されているムダ知識が脚光を浴びる絶好の機会であるところにあるのでしょうなあ。

« Newer PostsOlder Posts »

Powered by WordPress