Archive for 9月, 2014

世艦2014年11月号記事の訂正とお詫び

同書掲載の「従来型中口径砲エースたち」という記事を担当しましたが、
その中でイギリスのMk8型 114㎜砲のところで凡ミスをしていたので訂正を。

P86一段目1行目ですけど
 (誤)
 陸軍のアボット自走砲が~

 となってますが、これは完全な誤りで、

 (正)
 陸軍のAS.90自走砲が~

 が正しいです。今回も訂正の上で深くお詫び申し上げる次第です。

 …しかし、元資料にも「アボット」なる単語は一言も書いてないのに、
 何を勘違いして書いたのか。我ながら情けなき誤りです。

9/27追記:

 Twitterで「元のMk8の開発参考と勘違いしているのでは?」というご指摘を頂きました。
 改めて同記事を作成した際の主要参考資料としたJaneのWeaponsと、
 NIPのWorld Naval Weapons Systemsを確認したところ、これらにも「陸軍のアボット自走砲がMk8の開発時の参考に」という記載があるのを確認しました。

 多分これが頭に引っかかっていて、思いっきり勘違いしたのかも知れません。いや本当に情けないミスで、読者の皆さんには改めて深く陳謝させて頂きます。

 それとTwitterで誤記を含めてこれらの点をご指摘頂いたS殿には、心から感謝の意を申し上げる次第です。
 本当にどうも有り難うございました。

MiG Madness

 連綿と続く原稿〆切・講演会の準備等が漸く少し間隔が開くようになったので、何かの10周年とかを書く前に、リハビリがてらちょっとゲームの話でも。

 最近ゲーム機のゲームというと、2年前~1年半前に買ったシリーズ物しかプレイしてないような状況なのですが、先日XBOX360(現在我が家で可動する唯一のゲーム機)のインディーズ・ゲームを買ったら、割と面白かったのでそれの紹介を。

 そのゲームのタイトルは「MiG Madness」と言って、朝鮮戦争時のF-86 vs MiG-15を題材にしたシューティングゲームです。プレイヤーは押し寄せるMiGの大編隊を単機(一人モード)迎え撃ち、これを延々と撃攘するのが任務となります。ゲームとしては昔の「タイム・パイロット」みたいな感じでして、敵が落とす各種のパワーアップ・パーツを拾って旨くやると、クリアが容易になるとかもあるので、使いどころを適当に頭で考えながらやると、色々と楽しめます。多人数プレイにも対応しており、2~4人のプレイヤーで敵の大編隊迎撃の共同プレイが出来ますので、簡単な接待ゲームとしても適合するかも知れません。

MiG15

MiG Madness Trailer

上のリンクがそのゲームのトレイラーです。これを見て御興味が湧くようでしたら、価格が103円と安いこともありますれば、試供版をダウンロードしてプレイした後、これを購入されてみるのも一興かと思います。

因みに本職は、MiGを792機撃墜することを目標にして時々プレイしていますが、中々旨く行きませんね(笑)。

2014年9月
« 6月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

書籍