Supper’s Ready U hungly?

2018/02/20

ミシャサッカーについて

Filed under: 雑文 — Ideyoshi @ 00:19:38


まず基本形、3-4-2-1だよ。


アナスタシア
昨シーズンと同じですネ。

んで、相手にボールを持たれて守備に回るときは、5-4-1でセット。


アナスタシア
これも、昨シーズンと同じですネ。

違うのは、攻撃時。まずDHの一人が最終ラインに落ちて2CBがサイドに開き高い位置を取り、最終ラインは4バックに。続いて両WBはウイングの位置まで上がり前の三人も上がって、5トップを形成。4-1-5になる。


アナスタシア
フォーメーションが変わるんですネ。

この攻守分断の形に、相手に付き合ってもらう。

アナスタシア
付き合ってもらう?

そう。5トップには4バックのチームなら、DF四人に加えて最低でも中盤から一人が降りなきゃならない。残りの選手はこちらの後ろの四人を見なきゃならない。こうして相手に不利な形を突きつけるんだ。

アナスタシア
これ、中盤ががら空きになりますね。

その通り。要は中盤を空洞化させるんだね。無人化した中盤はシャドーが降りてきて使う。最終ラインのボール保持から、シャドーへめがけて一気につなぐ。

アナスタシア
前につなぐの大変そうですが。

まあそこは一番苦労するところ。


WBは攻撃時には最前線、守備時には最終ラインと、もっとも長い距離を走らなきゃならない消耗の激しいポジションだね。

アナスタシア
うーん

攻めの組み立て基本は長いグラウンダーパスで後ろからだけど、最終ラインから長いボールを前線に蹴り出すこともある。ただミシャは縦ポンを嫌がるんだね、ゴールキックすら避けてるフシがある。

アナスタシア
なぜですか?

たぶんね、ヘディングで競り負けて取られるのが嫌なんだと思うんだよ、でも後ろから確実にパスを繋いでいけば失うことはないって発想。

アナスタシア
それは現実問題ムリなんじゃ…

まあ色々ムリなサッカーなんだよ。

二人いるDHうち、中盤に残る方のDHには前につなぐタスクが与えられる。それを全うするため、素早いルックアップ、正確なパスを出す能力、時としては単独で相手の2トップを剥がして前に進む能力が求められる。広島では青山、浦和では柏木がやっていたポジションだね。

もう片方の、攻撃時に最終ラインに落ちる方のDHはもまた、ボランチができてCBができて、最終ラインからのビルドアップ能力があって、と多岐な能力が求められるよ。ここは広島では森崎和、浦和では阿部ちゃんがやっていたね。監督がミシャに決まった時、赤サポさんに、柏木と阿部ちゃんのとこできる選手いるのって聞かれたけど、DHは一番特殊で重要なポジションになるね。

アナスタシア
誰がやるんでしょう?

まず中盤に残る方のDHは駒井にやらせようとしているんだと思う。最終ラインに落ちる方はミヤザーか深井、兵さんかねえ。

特殊というならCBも特殊だよ。通常はCBだけど、攻撃時にはSBとしての動きが求められるんだから。

アナスタシア
両方できなきゃダメですか?

うん。そんな特殊仕様だから広島浦和からはなかなかDFが代表に呼ばれないんだよね。最近やっと槙野は呼ばれてるけど。

アナスタシア
あ、でも札幌にはフクちゃんがいますネ。

うん、福森はミシャ戦術にピッタリのCBだね。実際、ミシャが浦和の監督やってたときオファーを出してたし。

さっきも言った通り、ミシャサッカーでは中盤がからっぽなんで最終ラインからのビルドアップが重要になるんだね。

アナスタシア
なるほど。

ミシャサッカーでは、基本クリアはしない。たとえペナルティエリア内で複数の敵に囲まれた局面でも頑なに繋いでいく。

アナスタシア
それって危険なんじゃ。

それでもやる。なのでキーパーには強いバックパスがバンバン行くよ、GKには足元の能力が要求されるね。


テストマッチのメンバーを見ると、どうも1stチョイスは菅野みたいだね。金山の代わりじゃなく、正GKとしての獲得だったんだな。

アナスタシア
でも去年ソンユンのセーブで拾った試合いっぱいあったと思いますケド。

そういうサッカーなんだから仕方ない。

浦和の武藤が言ってたけど、ミシャはセットプレーの練習しなかったらしいよ。

アナスタシア
え、そうなんですか?

セットプレーの守備も「集中してれば大丈夫」以上、だって。

アナスタシア
確かにミシャの監督してたチーム、守備がザルな印象ありますネ。

どうもミシャはね、守備を選手任せにしているフシがあるんだよね。

アナスタシア
普通逆ですネ。

うん、守備は教えられるけど、攻撃を教えるのは難しいから選手の能力におまかせって監督多いよね。ミシャは攻撃を教えられる、Jでは稀有な監督だと思うんだけど、守備に関してはそんなん誰でもできるし、と軽視しているような気がするんだ。


アナスタシア
えーとでは最後に今年のコンサ、何位くらいに行けそうでしょうか?

正直なところよくわからないね。一桁順位に行けるかもしれないし、残留争いに巻き込まれるかもしれない。確かなのは

アナスタシア
確かなのは?

去年より胃が痛くなる試合が増えそうだってことだね

アナスタシア
うーん…

あ、でも一個希望があってね。このサッカー中盤がないでしょ。だから強力な中盤で勝負してくるチームには相性が良くてうまくハマれば勝てるかもしれないんだ。つまり鹿島ね。

アナスタシア
それだけですか?

だって!鹿島だよ!2008年の開幕ではPK二回阻止したのに0-4で負けて、2012年は0-7の炭鉱スコア食らって、残留した去年だって全く歯が立たず2タテくらったあの鹿島に勝てるかもしれないんだよ!

アナスタシア
それは確かに。

あー、ずいぶん長いこと喋っちゃったね。てなとこで、も帰っていい?

アナスタシア
はい、ありがとうございました。


コメントはまだありません »

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Leave a comment

Powered by WordPress