2013年を振り返りましょう

■一番面白かった本 野崎まど「Know」 http://www.amazon.co.jp/dp/4150311218 

すべての人間は電子脳の装備が義務付けられ、あらゆる空間に情報取得媒体が敷き詰められた、近未来日本。世界設定、ラストも含めてイーガンぽいんですが、個人的には最期の一言でやられました。あと、真言宗の和尚から情報を吸いとる描写が、なんかいや~んなかんじでした。

 

■一番面白かった映画 パシフィックリム

ま、ベタではありますが。今年公開ではないけど、DVDで見た桐島部活やめるってよもすんばらしかったです。あと、3Dアトラクション部門ではゼログラビティがよかったです。

 

■一番良かったライブ 吉良知彦 秋巡業2013

秋巡業2013 はzabadakの吉良が、北海道各地を商売気ゼロでまわるツアー。完全北海道遊びに来てるかんじです。 http://sotarokira.blog37.fc2.com/blog-entry-330.html

自分が行ったのは小樽。もう普通の定食屋で、そこに無理やりベンチ椅子を並べて観客30人という状況。のれん分け前の曲も結構やってくれて嬉しかったです。ぶっちゃけ、去年はコンサートこれしかいけませんでした。今年は3月のアイオナ、フレアークは行きたいと思ってます。

 

■一番良かった試合 神戸戦

一戦目ホームで手も足も出なかった相手に、昇格決定後で気が抜けた状態とはいえ圧倒して勝利。本当に嬉しかったです。そもそも札幌は神戸とは相性が悪く、最後に勝ったのいつというレベルなので嬉しさもひとしおでした。それも最終戦で台無しになりましたが。来年は小野伸二来てくれればいいなあ。

 

■一番良かったアルバム 新譜としてはなし

自分でも驚いたんですが、今年は音楽と縁遠い一年だったようです。オーダー見たら、YESとマイクオールドフィールドのセットと、PABLO EL ENTERRADOR しか買っていないという。結局ムーンサファリの新譜は買いそびれたままと。

ま、その程度に不熱心だったということですね。旧譜で良ければPABLO EL ENTERRADOR / sameかなあ。墓掘人パブロ、アルゼンチン軍事政権崩壊時に活動していた反政府バンドです。自分買ったDCは音質が板起こしレベルでげんなりしたけど。

 

■一番面食らったこと

ttp://blog.livedoor.jp/kirishimaz/archives/cat_126054.html

 

あと、今年はなんといっても韓国映画にドハマリしたのがトピックかなあ。ヨシキさん解説を見て、悪魔を見たから入って、今じゃ毎週韓国映画ばかり見ています。理由は単純に面白いんで。

あとは、ジム通い始めたことかなあ。粉みかんスポーツクラブに4月から通っております。それなりに費用はかかるものの、休日を無為に過ごして後悔するのを回避できるという効果があります。行けば心地よい疲労感とともに「ぁぁ、今日は充実したな」感がそれなりに得られるという効果があります。おすすめ。
2014年は、まず健康第一で行きたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。