You are currently browsing the Supper’s Ready blog archives for 1月, 2013


2012年を振り返りましょう

一年、マカロニばっか見てました。

以上。

■一番良かったマカロニ

「群盗荒野を裂く」

なんというかもう、なんというかもう。

ルイス・エンリケ・バカロフの劇伴が素晴らしいあのラストシーンは何度も見てしまう。

真の男の友情を描いた映画ですよ。

■一番良かったアルバム

アルファタウラス2~進化する魂

決められるほど枚数聴いてない中、アングラガルドの新譜も良かったのですが、個人的にはこっちが来たかなと。

なんというかそれが年間ベストでいいのと聞かれると、そうねえまあねえ、どうしようかねえ。のらりくらりしてしまうくらいの意思決定ながら、うんでもこれよかったです。

■一番良かった映画

プロメテウス

あちこちで一流シェフが作ったジャンクフードみたいな評が駆け抜けましたが、リドスコ監督久々に気を吐いたかなという傑作でしたね。

でも開腹手術を経験し、術後2日目で10m歩いただけで看護師にすごいすごいと賞賛されたうちのヨメはショウ博士のアレが許せなかったらしく。

3Dを見に行かなかったのは悔いが残ります。あのラストシーンとか、嵐のシーンとかすごかったろうな~