You are currently browsing the Supper’s Ready blog archives for 6月, 2012


まどかイタリア版がAmazon.itより入荷したので

イタリアはリージョン違いなので、再生できないはずなのですが、実は出来るという噂を入手。勢いでポチってみました。1は品切れで通常版、2 3は限定版。しめて101EUR うち送料が16EUR。

到着予定日が6/15だったのに対して、実際の着が6/22だったので多少やきもきしたものの、無事到着して安心することしきり。

http://p.twipple.jp/Ib8Nv

さて、まずはTiro Finareの本家発音を確認してみましょう。前の投稿の動画は消されてしまいましたので。今回は3話ので。

tirofinale.mov

意外とティロですね。

まどかイタリア語講座

http://p.twipple.jp/n84pk

http://p.twipple.jp/0YUMw

さて、吹き替えの全体的なインプレですが、ちょっとつらいかんじですね…

やはり、声優の層が薄いんでしょうか。北米版に続きほむらがおばさん声だったのは仕方ないとしても、メガほむまでおばさん声のままだったのはしんどかったです。

あと、叫び声とか泣き声とかがね… 斎藤千和のが素晴らしすぎるんで比べるのは酷なんですが。最終回にまどかと別れるシーンの「マードーカー」はもうちょっと頑張れとおもいました。この人たぶん普段はエイリアン2のシガニー・ウィーバーの吹き替えとか担当してるんじゃないかな? 高い声が全く出ない緒方恵美みたいなかんじでした。

そんなわけで、たまに日本語音声に切り替えた時の安心感が半端無く、願わくばイタリア在住の皆さんにおかれましては、字幕で見て欲しいと思いました。

発音について、ホムラとオムラがまざってましたね。イタリア人がんばってH発音してました。一話の自己紹介は、ミ・キャーモ・オームラ・アケミ に聞こえましたが。

ほむらの吹き替えは、当初イタリアで活躍している日本女優市川純を起用するという話だったんですが、結局声優さんになりましたね。

http://it.wikipedia.org/wiki/Madoka_Magica#cite_note-20

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B8%82%E5%B7%9D%E7%B4%94

さて、北米版はどうしようかしら。