あずまんが大王新装版

あずまんが大王1年生 (少年サンデーコミックススペシャル)

デビュー当時すっごく絵がヘタだった漫画家が、連載を続けていくうちにめきめき絵がうまくなっていくケースを最近見かけないなあと思い、30秒考えたところ、そもそも最近の漫画家はデビュー時点で絵がうまいのが当たり前だからと言うことに気づいた。

で、あずまきよひこはその最近珍しくなったケースの一つなのかなと思う。もっともこの人の場合ヘタと言うよりは無個性と言った方が的確かもしれない。初期のちよちゃんとか、まんまぷりちーサミーだもんなあ。

なぜにこんな話をするのかというと、過日小学館から出たあずまんが大王新装版の描き直しページの数が半端なく、もう初期の下手な絵を片っ端から描きかえているものだから、昔の単行本を引っ張り出してきて比較などしていたら、ぁぁこの人は格段に絵がうまくなったのだなあと思った次第。

ホント、よつばと以降は中期とりみきのような硬質なタッチで十分な個性を確立している。うまくなったなあとしみじみ思ってしまった。

で、新装版の描き換えなんだけど単純に全部描き換えているのから、完全に新作になっているページもあり、影をトーンで貼っているのを全部外すなどの小さい修正も含めると、修正ページはゆうに2/3はこえるんじゃないかという徹底ぶり。もはや手つかずのページを探す方が大変かもというレベル。

実に誠実な仕事と感服した。次は淫魔の乱舞の描き換えやってくれ(本人再版拒否ってるっつーの)

{ 2 comments to read ... please submit one more! }

  1. 同感です。
    ゲッサンの補習編は実はパッと見て最初同じマンガに見えませんでした。
    でも序の口譲二のまんがはタッチ変えたぐらいでは面白くならない気がします。

    にしてもこのマンガのヒットがなかったら「らきすた」も「けいおん!」もなかったかも知れない気もします。そうすると確かに今世紀の4コマはここから始まったのかも。

  2. Slipperman

    まー、らきすた、けいおんは全然関係ないような気もしますが。

{ 0 Pingbacks/Trackbacks }

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。