Archive for 10月, 2011

幻の東部戦線 16 (機動警察構想)

 爵位を持った将軍でありながら民間企業で働いた経験を持ち、国外での生活が長く、ナチスドイツ陸軍の情報参謀でありながらリベラル派かつ親イギリス派で開戦反対論者、和平工作を睨まれて前線に出されても装甲擲弾兵師団、戦車師団を率 […]

10月 25, 2011 · BUN · 5 Comments
Posted in: 西ドイツ再軍備, NATO, 冷戦, 幻の東部戦線

幻の東部戦線 15 (反逆児シュヴェーリン)

 1950年4月にアデナウアーの安全保障問題アドバイザーが任命されます。この職名はあくまでもアドバイザーですが、その下に組織を持っている事実上の国防大臣のようなものでした。アデナウアーは首相に就任するとまもなく国防軍の将 […]

10月 19, 2011 · BUN · 2 Comments
Posted in: 西ドイツ再軍備, NATO, 冷戦, 幻の東部戦線

幻の東部戦線 14 (人材がいない・・・)

 国内の出版物の殆どには「西ドイツ再軍備は1950年6月25日の朝鮮戦争勃発によって始まった」と書かれています。けれどもいままで紹介した通り、再軍備に向けての動きは占領軍、とくにアメリカ軍側の黙認と後押しを受けて研究が続 […]

10月 6, 2011 · BUN · 2 Comments
Posted in: 西ドイツ再軍備, NATO, 冷戦, 幻の東部戦線

幻の東部戦線 13 (闘将マントイフェル)

 リデルハートは1944年6月6日のノルマンディ上陸以降の西部戦線史を書き上げるためにギュンター ブルーメントリット大将からのヒアリング内容を全面的に参考にしています。リデルハートの接触のあったドイツの将軍達の中で最も親 […]

10月 5, 2011 · BUN · 2 Comments
Posted in: 西ドイツ再軍備, NATO, 冷戦, 幻の東部戦線

幻の東部戦線 12 (バジル リデルハートの約束 2 )

 電撃戦を指揮したドイツの将軍達にとってリデルハートは戦勝国の人間であり、捕虜となった将軍達の再教育係でもあり、捕虜であり戦犯裁判に怯えるドイツの将軍達を見下ろす強い立場に立つことができました。  けれどもリデルハートの […]

10月 3, 2011 · BUN · 4 Comments
Posted in: 西ドイツ再軍備, NATO, 冷戦, 幻の東部戦線