Archive for 9月, 2010

砲兵の仕事 23 (モスクワ戦で何が起きたか)

 1941年6月22日に開始された独ソ戦は、突破作戦の先頭を進むドイツ戦車部隊の貧弱な火力を最小限の砲兵戦力と最大限の航空支援によって補うことで、史上最大の機動突破作戦を実現しようと試みるドイツ軍と、それとは180度異な […]

9月 16, 2010 · BUN · 16 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 22 (ソ連軍の火力主義)

 1930年代の機動戦理論は第一次世界大戦のような火力集中を伴わなくとも戦車攻撃によるショック効果で敵軍の指揮連絡中枢を麻痺させることができるという前提で成り立っています。それと同時に軍縮気運と世界的な不況による予算不足 […]

9月 15, 2010 · BUN · 7 Comments
Posted in: ソ連空軍, ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 21 (戦車と対戦車砲)

 戦車とその天敵である対戦車砲とは「どちらが強い」のでしょう。各国陸軍の見解は第二次世界大戦開戦前と戦争中期以降では180度異なります。それは単に技術的な問題ばかりではなく機動戦ドクトリンと火力戦ドクトリンの対決とその結 […]

9月 8, 2010 · BUN · 18 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦