Archive for 8月, 2010

砲兵の仕事 20 (ドイツ軍砲兵火力の分散)

機動力と火力という、相反する要素のどちらを優先するか、あるいはどうやってバランスさせるか、という課題は第二次世界大戦中の各国陸軍にとって悩みの種でした。イギリス軍は第一次世界大戦方式の火力戦の復活を優先して組織改革を行い […]

8月 19, 2010 · BUN · 5 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 19 (機動力と火力)

 第二次世界大戦開戦直後から火力主義の再生をめざしたイギリス陸軍でしたが、戦車戦術が発達した時代に対応するための機材更新に長い時間をとられることになります。くわえてフランス戦で海外遠征軍が重装備をほぼすべて失ったことで、 […]

8月 18, 2010 · BUN · 8 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦