Archive for 6月, 2010

砲兵の仕事 16 (砂漠の機動戦)

 1940年夏のフランスでイギリス遠征軍が失った野砲等の重装備は全世界に展開していたイギリス軍全体の60% に及んだと言われています。植民地軍の装備を勘定に入れれば近代的装備のほぼ全てをフランスの戦いで破壊されるか放棄、 […]

6月 27, 2010 · BUN · 3 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 15 (火力戦ドクトリンの復活)

 お待ちかね、かどうかはわかりませんが、ようやく第二次世界大戦にまでたどり着きました。1939年9月1日にドイツ軍はポーランドに侵攻し、イギリス軍とフランス軍は再び連合軍としてドイツにとっての西部戦線を構成します。けれど […]

6月 22, 2010 · BUN · 4 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 14 (砲兵に頼らない戦争)

 1930年代は砲兵にとってまったく不遇の時代です。機械化部隊が機動戦に追従できない牽引式の野戦重砲を放棄してしまったように、徒歩で移動する歩兵部隊さえもが、野戦重砲を軽視し始めた時期でもあります。歩兵部隊までもが野砲の […]

6月 20, 2010 · BUN · 8 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 13 (砲兵を捨てる機械化部隊)

 1930年代は機動戦論が最高潮に達した時代です。 とはいっても「古色蒼然とした歩兵主体の陸戦思想が壁のように存在し、それに対して先進的な若手将校達が装甲機動戦という革新的理論を唱えていた」という認識は正しくありません。 […]

6月 13, 2010 · BUN · 7 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 陸戦

砲兵の仕事 12 (忌み嫌われる砲兵)

 第一次世界大戦で歩兵の補助兵器から自立した独自の存在へと成長、変貌した野戦砲兵は、戦争の最終段階で人名の損失を最小限に抑えるという誰にも否定できない画期的な業績を残しています。最後まで十分に使いこなせなかった戦車や、役 […]

6月 7, 2010 · BUN · 11 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 第一次世界大戦, 陸戦

砲兵の仕事 11 (砲兵の衰退)

 第一次世界大戦は開戦時と休戦直前とではまったく異なる戦争が行われています。19世紀型の野戦が行われていた1914年の夏と、1918年の夏とでは戦場の風景そのものが違います。空では互いに航空優勢を争う大航空戦が繰り広げら […]

6月 3, 2010 · BUN · 6 Comments
Posted in: ドクトリン, 砲兵の仕事, 第一次世界大戦, 陸戦